週末投資家という生き方

一つの収入に頼らない週末投資家という生き方

【株式やりたい!しかし時間が足りない!というあなたへ】

株式投資って時間がとられると思っていませんか?

それは大きな誤解です。

もちろん時間をかければそれだけの成果は出ます。

しかしながら時間をかけなければ株が成功しないというのは単純に技量が無いからに他なりません。

如何に時間をかけず、如何に手間をかけず、株式運用を成功させるか?

そこを突き詰めて実際に株式投資を成功させた私だから話すことができる

「時短株式投資」を是非体験してください。

■録画放送されるので欠席しても大丈夫!
「毎週土曜日なんて無理だよ!」という方でも大丈夫!WEBにて録画放送いたします!

■正確な情報収集や銘柄選定に「時間がかかる」若しくは「出来ない」という方へ
株式投資をやっているが「良い銘柄を自分で探すことができない」「大きな流れを掴むことができない」等、情報収集の面でお困りの方。
若しくは暇のある時くらいしかまともなトレードができないという悩みがある方に効果抜群です。

平日は仕事をして週末30分だけ投資家になる二つの顔を持った人

皆さんは時間に余裕があるだろうか?
この答えに「YES」と回答できる人は週末投資家という選択肢を選ぶ必要はありません。
今すぐこの文章を読むことを止め他の事に時間を使った方が有意義でしょう。
「NO」と答えた方。
週末投資家という生き方はそんな人たちに向いています。
時間がない中だと思うが、是非読んで欲しい。
週末投資家とは資産運用でお金を増やしたいが、平日は仕事に時間をとられ資産運用に割く時間が全くないので、週末に短時間投資を考える時間を設け、その準備をし、平日に出た運用結果を週末振り返るといったルーティンを行っている人を言います。
では週末投資家になるためには一体どんな準備が必要なのかでしょうか?

株式の売買ではなく銘柄選びと管理をしっかり勉強する

株式投資を行うにあたり多くの人がイメージするのはチャート分析ですが、平日9~15時(日本の場合)の間リアルタイムで値動きがあるため、その時間労働している人にとって無理があるものになってしまいます。平日仕事をしている人にとって必要になるのは、平日株式投資の事を考えなくて済み且つ投資を成功させる方法です。
そのために必要なのは週末に全て済ませてしまう事です。
ではどのようにすれば本来平日にやるべき株式投資を週末の短時間で済ますことができるのか?
それはどんな株が上がるのか?という「目利き」とどのくらい保有してよいのか?という「期間管理」を身につけ実践することです。

労働者としての自分、投資家としての自分、それを両立させる生き方

私は多くの人になぜ会社員を辞めないのか?と質問されます。
確かに私の環境を考えれば時間に縛りがある労働者という立場は不必要に思えます。
しかしながら全てはリスクヘッジの為です。
いつなん時、私の副業が失敗するとも限らず、いつなん時、私の株式投資が失敗するとも限らない中で、常に収入がゼロになってしまうリスクを抱えているよりも、会社員である自分を残しておくことで最悪労働収入があるという安心感がある。また社会的信用がありローンを組むときなどに有利になるという利点がある。環境がそれを許さない限り会社員は続けるつもりである。
金銭的に余裕が生まれれば「労働者である自分」を選択肢の一つとして考えることができ、自由な時間を作り出すことも、自由なお金を作り出すことも可能になります。
週末投資家という生き方・・皆様もいかがでしょうか?

週末投資家の3つの効能

週末に30分だけ投資家になるだけで情報収集&銘柄選びが終わります

投資中級者が習うべき時短に繋がる5つの技能

週末投資家になるための基礎知識

週末投資家コースは中級者向けになっているのでを初心者には難しい内容になっております。できれば投資の基礎知識をつけてから学んでいいただきたいので【「超速」株式投資講座】をオススメしております。

空いている時間を有効活用しませんか?正しい資産運用のスキルを身につけて収入の安定化ができます。リスクコントロールを考えながら収入を「労働」だけに依存していないからです。備えあれば憂いなし。10年に一度こんなことが起こる時代だからこそ学んでおこう!

受講方法

受講方法は簡単!毎週15:00~17:00
土曜日Web受講

講座体系図

お問い合わせ

  • ライフプランお問い合わせ 住宅購入や教育資金、資産運用などお金に関する心配事をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
  • 貯蓄塾セミナーへのご参加 貯蓄塾セミナーへのご参加の方はこちらよりお申し込みください。
  • 資料請求 ライフプラン貯蓄塾セミナーなどの資料請求をされる方はこちらからお申し込みください。

Return to Top ▲Return to Top ▲